即日でお金を借りたい!今日中に借りる事って可能?

キャッシング

お金を即日で借りることができるというのは、現代ではほとんどの人が知っていることだと思います。
テレビCMでも賃金業者がアピールしていますし、雑誌などで見ることもありますね。
インターネットの広告でもよく見かけるので、お金って申しこんだらすぐに借りられるものなんだと思った人も多いでしょう。

 

即日でお金を借りることができるのなら、今こそ借りたい!という時ってありますよね。
月末でお金がない・大きな出費があったからお金を借りたいなどお金が必要になる時は多いものです。
そんな時に貯金があればいいですが、貯金があまりないからどうにもならない…そんな時に活用したいのが即日キャッシングです。
即日キャッシングならお金を申しこんだその日に即日でお金を借りる事が可能。
ピンチの時に心強い味方となってくれますよ。

 

でもキャッシングって誰でもできるの?初めてだから不安…と思っている人も多いと思います。
そんな人でも安心できるよう、今は簡単に申し込めるネット申し込みというものがあります。
ネット申し込みならスマホやパソコンから簡単に申し込めるので、迷うことなく手続きを終えることができますよ。
難しい手続きもありませんので、初めてお金を借りる人でも安心です。
また審査に通っていればすぐにお金を振りこんでもらうことができるので、すぐにお金を手に入れることだってできるのです。

 

この即日キャッシングを利用してピンチを乗り切ったという人は多くいます。
最近は消費者金融だけでなく銀行でも即日キャッシングを行っているところが増えてきているので、選択肢が広がるという点もありがたいですね。

 

即日キャッシングはネットから簡単に申し込めるので、まずは借りる場所を探しましょう。
借りる場所が見つかったらそこのホームページを開き、ホームページにある申し込みフォームから情報を入力すればOK。
簡単な手続きで審査に通ればすぐに借りることができますので、手間いらずでピンチを乗り切ることができます。
とても便利なキャッシングなので、ぜひお金を即日で借りたい人はぜひ活用してくださいね。

消費者金融で借りるか銀行カードローンで借りるのがいいか?

キャッシング

お金を借りようと思っても、借入先には消費者金融と銀行とがあります。
どちらで借りるのか迷ってしまいますが、多くの人が銀行を選択するのではないでしょうか?
消費者金融はいまだにサラ金という名前で呼ぶ人も多く、悪いイメージがつきがちです。
実際は荒い取り立てをすることもありませんし、銀行と変わらない丁寧な接客で対応するので心配はありませんよ。
それでも安心感から銀行で借りたいと考える人も多いですが、この二つはどちらで借りた方が良いのでしょうか?

 

消費者金融は銀行よりも即日キャッシングを行っているところが多くあります。
大手のほとんどが即日キャッシングに対応しているので、借りたいと思ったその日に申しこめば、曜日や時間次第で即日でお金を借りることが可能。
銀行も即日キャッシングに対応しているところが増えてきていますが、それでもすべての銀行で対応しているというわけではありません。
審査に数日かかることも珍しくないので、即日で借りられないというところの方がまだまだ多いのです。
そのため即日キャッシングの選択肢を広げるのなら消費者金融がおススメです。

 

消費者金融は銀行に比べて金利が高いというデメリットもあります。
そのため金利を考えると銀行の方が良いのですが、もし借りてから一か月以内に完済できるのであれば、無利息キャッシングを利用することがおすすめ。
これも大手の消費者金融で提供されているサービスのことで、これを利用して借りて指定された無利息期間内に完済することができれば金利0円で借り入れができるというとても便利なサービス。
借りてもすぐに返せるという人にぜひ活用してほしいものなので、一時的にお金を借りたいだけという人は無利息キャッシングを行っている消費者金融がおすすめです。
長期的に借りる事になりそうな場合は金利が低い方が返済の負担にならずに済みますので、長期的に借りる場合は銀行が良いでしょう。

今日借りたいなら即日キャッシングがおすすめです

キャッシング

今日借りたいと思ったら即日キャッシングができる消費者金融がおすすめです。
とはいっても大手の消費者金融のほとんどが即日キャッシング可能となっているので、どれがいいのか迷ってしまいますよね。
ここではおすすめの消費者金融を3社紹介するので、参考にしてくださいね。

 

アコム

初めての利用なら30日間金利0円に
実質年率3.0〜18.0%
融資可能額1〜800万円
即日融資可能!

キャッシング

プロミス

初めての利用なら30日間金利0円に
実質年率4.5〜17.8%
融資可能額1〜500万円
審査回答まで最短30分、即日融資可能!

キャッシング

レイク

初めての利用なら30日間・180日間の無金利期間が選べる
実質年4.5〜18.0%
融資可能額1〜500万円
即日融資可能!

キャッシング

大手3社はいずれも貸し付け条件などが似ていますので、どれにするかやはり迷ってしまいますね。
ただ細かく見ていくと違いがあるので、その違いを見て決めると良いでしょう。
例えば金利を重視するなら一番金利設定が低いプロミス、30日での完済が難しいならレイクの180日の無利息サービスを選ぶなど。
細かいポイントで絞っていけば自分に合った消費者金融が見つかるので、自分に合っていると思えるところに申しこんでみてくださいね。

即日でお金を借りるために気を付けること

キャッシング

即日でお金を借りるのなら気を付けておきたい注意点があります。
見落とすと即日で借りることができなくなりますので、借りる前に見ておいてくださいね。

 

まず申し込みの時。
今はインターネットからの申込みが主流となっているので、ホームページの申し込みフォームに情報を入力することとなります。
情報は名前や住所、電話番号など調べておかなくてもすぐにわかるものだけでなく、勤務先や勤務先の電話番号も必要となります。
勤務先の正確な名称だけでなく、正しい電話番号についても調べておきましょう。
そして間違えてはいけないのが他社からの借り入れ情報
他社からの借り入れがあるにも関わらずこの欄を0にしてしまうと、審査に落ちてしまう原因になります。
他社からの借り入れ情報に関しては調べればわかることなので、嘘をついてもすぐにわかってしまう情報です。
借り入れがあるのなら偽りなく書いておきましょう。
きちんと書いておけば審査に通る可能性もありますので、他社からの借り入れを全て計算しておいてくださいね。
これらの情報に間違いがあるとそれだけで信用を無くしてしまうので、情報を入力したら間違いがないかを確認しておきましょう。

 

次に必要書類。
申込みで必ず必要になるのが身分証明書です。
運転免許証があれば一番いいのですが、なければ健康保険証でも構いません。
健康保険証を使う場合は保険証とは別に住民票などの提出も必須です。
健康保険証+住民票を用意しておくと良いですよ。
この身分証明は確実に必要で、これがなければ審査に通っても即日で借りることもできません。
申込みの前に用意しておけば安心です。
また借りる額が高額の場合は収入証明書も必要となることがあります。
その場合はすぐに用意することが難しいので、高額の借り入れを希望する場合は念のため収入証明書を用意しておいた方が良いかもしれませんね。

 

申し込みの際はこれらの点に気を付けておきましょう。

学生は借りられるの?

キャッシング

学生でも大学生くらいになれば、急な出費が必要になる時もあるでしょう。
サークルの飲み会がはいったり、急な遊びの誘いがはいったりと色々な予定があると思います。
そういった誘いに応じるにはどうしてもお金が必要な物。
学生でもアルバイトをしている人は多いので、アルバイトをしていれば毎月収入があるのでそういった誘いにも応じることができますよね。
しかしアルバイトをしていなければ話は別です。
そういった人は親からお金をもらって学生生活を送っていると思いますが、時にはお小遣いの範囲を超す出費もあるでしょう。
その場合、学生でもお金を借りることができるのかどうかが気になりますね。

 

まず消費者金融でも銀行でも一緒ですが、お金の借り入れは20歳以上が条件となっています。
そのため20歳未満の人は何処に行っても借入ができませんので注意してくださいね。
そしてどちらで借りるにしても、基本的には毎月収入があることも条件となります。
そのためアルバイトをしていない学生は審査に通る事が難しいと考えておいてください。

 

アルバイトをしていて少額でも毎月収入があるのであれば審査に申しこむことは可能です。
高額の借り入れをしてもお断りされる可能性が高いので、少額の借り入れを希望しましょう。
毎月安定した収入があるとみなされれば審査に通る事も夢ではありません。

 

ここで収入があれば借入も可能とお話しした増したが、親からの仕送りは収入になりませんので注意してくださいね。
自分で働いてお金を得ることを収入と言いますので、アルバイトをしていない人はまずはアルバイトをした方が良いのかもしれません。

無職でも即日で借りる方法はある?

キャッシング

無職の人は収入がないため、お金に困ることも多々あると思います。
なんとか仕事を探しているけど、まだまだ見つかりそうにない…そんな状態が続けば貯めていたお金だって当然底をつきます。
底をつけば暮らしていくお金がなくなりますので、その日からの生活に困ってしまいます。
では無職の人でもお金を借りられるのかどうかですが、残念ながら無職の人は借入は出来ません。
消費者金融も銀行も、どちらも毎月安定した収入がある人が貸し付け条件となっています。
そのため無職で毎月収入がない場合は借入が難しいと言えるのです。

 

無職でお金に困っている人は自治体に行って貸付制度を利用すると良いでしょう。
区役所にはいくつかの貸付制度がありますので、いずれかを利用すれば借入できるかもしれません。
借りることはできても返さなければなりませんので、借りたからと安心せずに早めに職探しをしましょう。

主婦でも借りるには

キャッシング

主婦は家計を管理することが多いので、今月はちょっとまずいかも…というのが早めにわかると思います。
早めにわかったらそれを乗り越えるためにどうするかと考えますが、その一つの候補に消費者金融や銀行からの借りいれがあるのではないでしょうか?
ただ気になるのが主婦は借入ができるのかという点。
主婦でもアルバイトやパートしている兼業主婦と働いていない専業主婦とがあります。
兼業主婦の場合は毎月安定した収入があると思うので、消費者金融でも銀行でも申し込むことが可能です。
高額の借り入れは難しいかもしれませんが、少額の借り入れならできるでしょう。

 

専業主婦は毎月安定した収入があるわけではありませんので、借入は難しくなります。
大手の消費者金融では総量規制の関係もあり、専業主婦の申込みはNGとなっています。
銀行で借りられる可能性はありますが、配偶者に毎月安定した収入があることが条件となるので、この点は注意しておいてくださいね。
また中小の消費者金融にも申し込むことは可能です。
その場合は配偶者の同意書などが必要になりますので、配偶者の了承を得られるのであれば中小の消費者金融に申しこむという手もありますよ。

 

兼業主婦・専業主婦ともに申しこむ方法はあります。
しかし専業主婦は収入がない分必ず申しこめるとは限りませんので、お金に困ることが多々あるのならアルバイトやパートを始めた方が良いかもしれません。
旦那さんに内緒で申し込む事ができる場所もありますので、旦那さんに了承を得られているかどうかで借入先を選ぶと良いでしょう。

土日に借りるなら

キャッシング

土日は休日という人が多いので、土日にお金が必要になる人も多いでしょう。
お金が必要な時に限って給料日前で金欠…そうなると頼りになるのがカードローンです。
しかし土日は金融機関も賃金業者も基本的には休み。
土日に申し込んでも審査結果は翌営業日となるので、結局土日に借りることができないので意味がありません。
ただ消費者金融には土日も審査を行っているところがあります。

 

プロミスは土日も審査を行っているので、土日に申し込んでもOK。
無人契約機ではなくインターネット申込みからでも可能なので、好きな時に申しこむ事ができます。
しかし土日に審査に通ったとしても、即日で振り込みは無理なんじゃ…?と思った人も多いでしょう。
確かに土日に振り込まれると翌営業日の振り込みとなるので、土日にお金を手に入れることができません。
しかしプロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば土日でも祝日でも即日振込をしてもらうことが可能なのです。

 

プロミスには瞬フリというサービスがあり、振りこみ依頼をすると最短で10秒後に口座に振り込んでもらえます
ただこれは上記の二つの銀行を口座として登録している場合のみです。
この二つの銀行の口座を持っている場合はプロミスでの借り入れがお得ですので、プロミスの利用を検討してみてくださいね。

総量規制について

総量規制という言葉をご存知ですか?
これはお金の借り入れに深くかかわる法律のことで、借りることができる上限額に関係します。
借り入れをするなら知識として知っておきたい事なので、知らないという人はココを呼んでおきましょう。

 

総量規制とは、年収の3分の1までしかお金の借り入れが出来ないという法律のことです。
この法律は多重債務や返済不能に陥ることを防ぐために作られました。
年収によって制限することで借りすぎを防ぐことができて、返済不能になることを防止できるのです。
この総量規制は消費者金融での借り入れとクレジットカードのキャッシングが対象となります。
上記で借りる場合は総量規制のことを考えて申し込むようにしましょう。

 

収入がない人はどうなるの?

専業主婦や無職の人は収入がありませんが、当然無職の人は収入ゼロなので借り入れは出来ません。
専業主婦の場合は申し込む方法もありますが、本人に収入がないため必ず申しこめるとは限りません。
そのため専業主婦も配偶者に収入があったとしても確実に借入ができるということではないので注意してくださいね。

他社からの借り入れを黙っていれば年収の3分の1を超える額を借りられる?

申し込みの際に他社からの借り入れ情報を聞かれると思いますが、これは総量規制のために聞かれる質問事項です。
ではここで黙っていれば総量規制を気にすることなく借りられるのでは?という点ですが、それはできません。
借り入れは個人信用情報機関という場所で全て管理されています。
申込みをするとこの個人信用情報機関から情報を入手し、他社からの借り入れがないかを調べてから審査に入るのです。
そのため他社からの借り入れを黙っていても結局はバレます。
そして偽りの情報を提出したことで審査に落ちる可能性が高くなるため、結局審査落ちという結果になってしまうのです。

お金を借りる際の職場への連絡はあるの?

キャッシング

在籍確認という物を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
在籍確認とは申し込み者が提出してきた勤務先に本当に勤めていて、毎月安定した収入があるかを確認するためのものです。
消費者金融や銀行もボランティアでお金の貸し付けをしているわけではないので、当然貸したら返してもらう必要があります。
返してもらうには毎月安定した収入を得ていることが大事なので、これを確認するために在籍確認を行うのです。
そのため在籍確認はとても大事ですが、在籍確認なしで借りたいという人もいるでしょう。
その場合は在籍確認なしでも借りることができる消費者金融に申し込むと良いですよ。
モビットは在籍確認なしでもOKとなっているので、モビットの利用をお勧めします。

 

ただ在籍確認がないとはいっても、勤務していることがわかる書類の提出が必要です。
それを提出できれば問題ないので、指示された書類を必ず用意しましょう。
書類は給与明細などが指示されると思いますので、直近の物を用意しておくと良いですよ。

 

申しこんだ情報によっては在籍確認をしなければならないということもあります。
その時は確認なしでは審査に通らない可能性が高いので、在籍確認をしてもらいましょう。

 

10万円借りた場合の金利について

キャッシング

お金を借りる時に必ず付いてくる金利ですが、この金利は計算しなければ正確なが額がわかりませんので、金利を知りたいと思ったら計算して算出する必要があります。
とは言っても計算の仕方がよくわからない…と思っている人も多いと思うので、ここで計算の例を紹介します。

 

10万円を30日間借りた場合

10万円を30日間借りるとなると、多くの消費者金融では実質年率が18.0%となることが多いため、ここでは実質年率を18.0%として計算します。
10万円×0.18÷365×30=1479円
となります。
この計算式は借入額×実質年率÷365×借入期間=利息というものです。
金額や借入期間が違ってもこの計算式に当てはめて計算すればOK。
電卓で簡単に計算できるので、自分の利息を知りたいと思ったらこの計算式を使って利息を算出してみてくださいね。

 

カードローンやキャッシング以外のお金を借りる方法

カードローンやキャッシングでお金を借りることができるのは20歳以上で毎月安定した収入がある人のみです。
例外として専業主婦も借りることはできますが、無職の人や20歳未満の人は借りることはできません。
20歳未満であれば親に借りることもできると思いますが、無職の場合はそうもいきませんよね。
無職の人は収入がないためお金がないと困る事も多いですが、借入先がないのでどうしようもありません。
カードローンやキャッシング以外でお金を借りる方法となれば、上記でも紹介した自治体の貸付制度を利用するしかないのです。

 

自治体の貸し付け制度は直接自治体に出向き、貸付制度の窓口から申し込むこととなります。
借りることができてもハローワークを利用して職探しをすることなどが条件として付きますので、決して簡単に借りられるものではないと思っておきましょう。
また状況によっては審査に落ちる可能性だってあるので、必ず通るわけでもない事を覚えておいてくださいね。

 

事情があって働くことができないという場合は貸付制度ではなく、生活保護などの手もあります。
生活保護も受けるためには一定の条件を満たす必要がありますが、その条件を満たしていれば受給することができます。
ただ最近は生活保護に関する犯罪も非常に増えてきています。
不正受給は犯罪です。
働ける状態でお金を稼ぐことだってできるのに働かずに受給するというのはダメなことです。
良識ある大人なら誰もが知っていることですが、学生を終えれば誰もが働いてお金を稼ぎ、そのお金で生活をしていくのです。
不正受給をして楽して暮らすというのは良識ある大人のすることではありません。
不正受給で捕まることももちろんあるので、楽してお金をもらうのではなく自分でしっかり働いてお金を稼ぎましょう。

 

無職で仕事がなかなか見つからずに困っている人はまずは自治体に行って相談してみてください。
良い方法を教えてもらえるので、お金がどうにかなったらすぐに職探しも開始しましょう。